エコキュートや蓄電池等の土台左官工事レポート

こんにちは。日本エネルギー開発株式会社の広報担当です。

弊社には、オール電化に伴うエコキュートや蓄電池の土台左官工事を対応できる現場技術者がおります。

その為、土台左官工事から配管工事、電気施工まで一括し対応する事が出来ます。

今回は、3月下旬に実施しましたエコキュートや蓄電池等の土台左官工事レポートをご紹介します。

まず、基礎サイズを基にお客様と土台位置の打合せを行います。

位置が決まりましたら、基礎施工位置の寸法を測り、木の枠を作成します。

木の枠に合わせ、土台位置の土を掘り進めます。

砂利を入れて転圧をかけます。

セメントを作り、枠に合わせ流していきます。

エコキュートの土台は配管を外に出し、蓄電池の土台は配管を中に入れています。

セメントの表面をきれいに仕上げます。角の面取りを行います。

完成後になります。乾燥により強度が増し色が白くなります。

日本エネルギー開発株式会社では、お客様の太陽光発電システムが

本来の性能を発揮できるように定期的に点検を行うことで、

問題をいち早く発見し、長期間安心できるようしっかりとサポート致します。

福岡、熊本を拠点に、九州一円にて事業を推進し実施しています。

高圧受変電設備の電気工事・低圧の電気工事、保安管理業務、メンテナンスまで幅広く対応しています。

災害で被害を受けた地域のこれからの復興と応援のために、災害復旧工事も実施していますので、ぜひご相談ください。

PAS・トランス・ブレーカー・分電盤の交換、オール電化に伴うエコキュートや蓄電池など電気工事等のご依頼は、日本エネルギー開発株式会社にお任せください。